独り言。
by R (since 2010)
記事一覧 メインブログ
23:52 06月02日   [木]
延命!
昨日の内閣不信任案の一連の流れには久しぶりにビビったね。


まぁ今回の不信任案で一番やっぱりしたたかで勝ったと言えるのは小沢一派。

採決に欠席したにせよ、離党せずに当初は30人くらいの賛成と予想されてたのに最終的に70人くらいの賛成を集めて改めてすごさを見せつけ、結果的に希望通り菅退陣の門を大きく開けた。


んで負けたのは自民党と公明党。

ギリギリまで首をとる寸前まで追いつめたのに、結果的にこんな時に政争しやがって!との批判を浴びる始末。
まぁただ可決されれば解散総選挙で自公が圧勝してただろうし、否決されたけどこれから民主が分裂崩壊するから負けではないのかもね。


とりあえず菅は、恥さらし的辞任は一時的に免れたけど延命のためなら手段を選ばずという駄々っ子手法が裏目に出て、確実にこれからボロボロになりながらの辞任劇が始まるので結果的に負けかな。


番外編はルーピー鳩山。
当日菅さんとの話し合いの中で、否決する条件として、こちらも2つの辞任の条件を飲んでもらったはずが、意味のない覚書しか交わしてなく自業自得と言われても仕方のない詐欺的行為にしてやられる。

もうこのお方を信じる者は誰もいないし、騙されたぁと言ってプンプン怒っても情熱は誰にも伝わりません。
もう今後誰も相手にしてくれないんだろうね。

まぁ「騙し方」も「騙され方」も2人とも幼稚すぎる。
口約束なんかするから…。

とにかく現総理と前総理、したたかさというかずるがしこさで現総理の方が一枚上手だったということです。


気をつけてみてないといけないのは小沢。

毎度のことながら不気味な動きをする小沢は、造反する構えを見せておいて絶妙に微調整をして菅を揺さぶりながら解散を阻止し、んで新党でも作って今いる現民主党員も徐々にダークサイドに引き込みながら民主党を過半数割れに追い込み、管内閣の自然倒壊を狙って自民に近づき挙国一致体制を作る、、、みたいな勝手な深読みしてたんだけど…。

ホント何やるか分からない人なので分かりません。



とりあえず客観的に書いてみたけど、個人的にはみっともなくて情けないこんな政権に日本の運命を預けているのは本当に恐ろしいことだと思うけどね。

こんな状況って他の国だったら完全にクーデターレベルでしょ。

民主政権になって他の国だったらクーデター起きてるわってことがたくさんあります…。

怒って愚痴はこぼしても、本当に日本人という人種は世界で一番穏やかな民族だと思います。


とにかく今の現状のまま、菅の下で政権が続くなら、災害の復旧どころか今と変わらず希望すら持てない状態がずっと続く。

また、こんな時になんで政争なんかやってるんだ!とか被災者はあきれてます!という声をよく聞くけど、、、その本音の気持ちは当然だという前提で、一日でも早く震災の手当てをしなければならないという前提ですが、、、

極端な話、3日間支援が「難航」するのと、10日間支援策すら「決定しない」のなら誰でも前者を選ぶはず。

今の問題はそこなんだよね。

もう少し我慢してくださいとはさすがに言いづらいけど、この国のトップと体制を変えないと、さらに我慢を強いられることに絶対なる。

それに今回の震災を利用して政争してるようにしか見えないという声もあるけど、逆を言えば震災を利用して延命に力を注いでいるとも思われかねない政治家の方がよっぽど重罪だと思うけど。

そこを早急に変えようという根本的な動きです。

日本の国民全員の税金や募金などの負担や、台湾をはじめとするいろんな国からの支援金を復興や被災地の人のために使って欲しいと思っているのに、その使い道や、まして方向性すら決められないような政治家は「不適合」として早く除外した方がいいです。


情けない姿の日本、早くよくならないかね…。
QLOOKアクセス解析
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ